さぼり魔の日記

<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
オカン(それぞれの想い)

 こんばんは〜

久々に家のPCの電源入れましたw
まともに触るのは3ヶ月ぶりぐらいかな?
4月に入って時間はできるようになったけどPCに触る気になれず、
更新をずるずるサボってました^^;
ぼちぼちですが更新再開していきたいと思ってますw


今日はオカンの近況とブログの内容を拝借してきました。
それと姉のブログも発見したんで盗み見・・・
一部拝借しようと思います。


オカンブログ

昨日2週間の入院生活から退院してきました
以前にも書きましたように 私は子宮癌 食道癌 悪性リンパ腫 肺癌
コレだけの癌とお友達になりました
今回の入院は 悪性リンパ腫と肺癌の治療ですが 手術も放射線も出来ません 残された抗がん剤治療です

妹 曰く「抗がん剤で5年頑張り そしたら 5年後には医学が もっと進歩して また 別の道が開けるから」と…
なるほど…と 頷く私
これを 娘に話すと「まだ 生きる気かいな〜」と 言われそうε=(^ε^)プッ

これは2ヶ月前の記事です
現在も抗がん剤治療は続いてます。
髪の毛も8割ぐらい抜け落ちたようです。
他にも副作用のせいか右足が左足の倍ぐらいに腫れてます。
足の裏皮膚は割れ、かなり痛いそうです。
日によって体調に波がありますが、今日はわりと元気でしたw
抗がん剤で5年頑張るって会話がありますが、
私には5年でそこまで医学が進歩するとは思えません。
それ以前にオカンが後5年生きられるかも疑問です。
こうゆう状況に慣れてきたせいか、私も平気でオカンに言います
「オカン、死ぬ時はポックリ逝ってやw寝たきりなったらかなわんでw」
冗談まじりの殆ど本音です。
オカンもすぐさま切り返してきます。
「心配せんかてもうそんな永くないわ」
これもオカンの本音だと思います。

それとオカンの作品がUPされてたんで数点載せときます








セニアカーに乗った自分らしいです







題名は「喜怒哀楽」です








「ノジギク」制作に1ヶ月かかったらしいです




ここからは姉のブログの一部を掲載します


姉ブログ


朝からバタバタする母


ご気楽娘はボードで3日間くらい留守

私が一人になるんですよね

母は朝から入院準備に私が楽できるよう洗濯をしたり

ちゃんと飯食わない思ったのか大好物の豆ご飯を大量

そして丸大根の酢づけ

私は肉魚鳥が嫌いやから、丸大根の酢づけを、主食のようにバクバク食べます

我が娘は、くそババーなのに、わざわざ大量に

そんな母

子宮癌→食道癌→肺癌でして抗がん剤入院です

抗がん剤反対な私ですが本人の命は私が決めれないですからね

手術は、もうできないんですよ体力ないから

そんな体力ないとこに抗がん剤なんて爆弾やけど

ま〜本人が決めたことです。

苦しさなんて私には、わからないから

頑張らない程度でギブアップしてもいいぞって思います

そして家で好きなことしときやって感じです

私は、まだダウンしてる場合じゃないんだ〜

あなたの三秒をください

゛無事治療克服し、もう少し生かしたれ″

と念じてください

頼んどくよ〜皆さん(^O^)/




オカン、もうちょい生きといてや!

でわw







 

| toshi9779 | オカン | comments(39) | trackbacks(0) |
オカン(なんで・・・・)

オカンの前回の記事から10ヶ月ぐらい経過しましたけど、
その後は順調に過ごしてたんです。
2ヶ月に1回定期検査を行ってたのですが、
前々回ぐらいの検査で肺に影があるとのことでした。
オカンはその時、風邪をひいてたので自分ではそのせいやと言ってのですけど、
前回の検査ではそれが「癌」であることが判明しました。
これは転移とかではなく新たにできた癌らしいのです。
オカンは癌が出来やすい体質なのかもしれません・・・
このことをオカンから聞いたのは1ヶ月前のことでして、

オカン 「実はな、肺に癌ができたみたいやねん」

私 「はぁ?転移したん?」

オカン 「転移じゃなくて新たに出来たみたいやわ」

私 「なんぼ癌に好かれてるんよ・・・」

私 「さすがにもう手術はでけへんやろ」

オカン 「無理やろな、抗がん剤か放射線になるんちゃうかな」

私 「どっちもオカンの体力やったら無理やで」

現状のオカンの体重は34kgしかなく骨と皮しかないような体です。
何とか歩くことはできますが、長時間は無理なほど弱った状態でした。
私としては何の治療しない方がいいのではないかと思ってました。
見捨てるような考えかもしれませんけど、私の中では「もう無理」って正直思ってました。
体力がない上に抗がん剤などの治療をすると、それこそ寝たきりの状態になりそうですし、
死期を早めるだけになるんじゃないかと・・・

次の検査で内科の先生は手術できるかもしれませんとのことでした。
癌自体はまだ早期の段階でもあり位置も取り除ける場所にあるらしいです。
一度外科の先生と相談して下さいと言われました。
翌週、外科の診察を受け、どのような治療がいいのか相談したところ。

先生 「癌自体はまだ小さいですし、場所も取り除ける場所にあります」

先生 「しかしですね・・・・患者の体力を考えると手術は無理ですね」

先生 「手術したとしても、肺ですのでタンが切れにくくなったり肺炎にかかりやすくなります」

私のオトンも肺癌で亡くなったのですが、最終的な死因は肺炎でした。

オカン 「手術はあきらめます」

さすがのオカンも自分の体力をわかってるんでしょう。
自分でも手術は無理と思ったみたいです。

私 「手術が無理なら抗がん剤か放射線治療になるんですか?」

先生 「手術ができないとなるとそうなると思います。」

先生 「今後のことは内科の先生とご相談下さい」

確かに手術が全てではないんですけどね。
私の中では抗がん剤は延命処置って思いがあるもので・・・

病院からの帰り道もオカンにかける言葉がありませんでした。

オカン 「肺なんか全然痛ないし誤診ちゃうかな」

私 「何回も検査したのにそんなわけないやん・・・」

私 「もうさぁ、抗がん剤も放射線治療もやらんときや」

私 「オカンの場合、どっちの治療してもしんどなるだけやで」

オカン 「今度内科の先生と相談してみるわ」

オカン 「抗がん剤で進行止まるかもしれんしな」

私 「オカンがしたいんやったら止めへんけど・・・・」

私はオカンに「死ね」と言ってるのかもしれません。
励ますことも出来ず、ただ成り行きに任せろと・・・
もう私にはどうすることも出来ませんでした。

次は年明けに内科の先生と今後の治療について相談するらしいのですが、
たぶんオカンは抗がん剤治療を選択すると思います。
それがどんな結果になるかは今はわかりません。
今はただ見守るしか私には出来ません。





| toshi9779 | オカン | comments(5) | trackbacks(2) |
オカン(大丈夫)
腫瘍マーカーの数値が前回と変わりませんでした。
今まで上がり続けてたので、この結果には驚きました。

私 「先生、これってどうゆことなんです?」

主治医 「進行が止まったとは言い切れませんが、もう少し様子を見てみましょう」

霊芝の効果かどうかわかりませんが、
私達には明るい材料でした。

また2ヶ月後検査をするってことで病院を後にしました。

私 「オカン、効果あったやんw」

オカン 「ほんまやな、これで進行が止まってくれたらええねんけどな」

この結果に一番喜んだのは嫁でした。

嫁 「お母さん、これからも飲み続けて下さいね」

オカン 「ありがとうね。○○ちゃんのおかげやわ」

これでまた嫁はんに逆らえる者はいなくなりましたね・・・

この日を境にオカンも何だか元気なったような気がします。
食欲もでてきて体重も徐々に増えていきました。

それから2ヵ月後の検査では何と腫瘍マーカーの数値が下がってきたのです。
この結果には医師も驚いてました。

私 「先生、これは進行が止まってると思って間違いないでしょうか?」

主治医 「数値だけでは何とも言えませんが、進行は止まってると思われます」

これはもう霊芝が効いてるとしか思えませんでした。
癌細胞自体はなくならないでしょうが、
進行さえ止まってくれればいいんです。

主治医 「○○さん、どこか痛いとか体調の変化はありませんか?」

オカン 「ここ数ヶ月何の変化もありません。逆に体調が良くなってるぐらいです」

主治医 「それでは2ヵ月後にCTとPET検査しましょう」

この時、余命3ヶ月と宣告されて4ヶ月目のことでした。
昨年12月のことです。
そしてオカンは無事年を越すこともできました。

私の中では年は越せないと思ってましたので、
それだけで苦労の甲斐があったと言うものです。



私はオカンの容態が気になるので、週に1回は様子を見に行ってます。

私 「オカン、調子はどうや?」

オカン 「大丈夫やって」

この会話が恒例の挨拶みたいになってました。


そして先日2/9に検査が行われました。
その結果なんですが・・・・





主治医 「検査の結果なんですが・・・」

主治医 「とても信じられないことなんですが、腫瘍マーカーの数値も前回より下がってます」

主治医 「癌細胞も前回より縮小してると思われます」

私 「本当ですか!」

進行が止まるどころか癌細胞が小さくなってる!
この結果に家族全員が歓喜に包まれました。

癌細胞が無くなったわけじゃないんで、まだまだ安心は出来ませんが、
確実に良くなっていってると思ってます。

奇跡って言葉が当てはまるかどうかわかりませんが、
私の中では奇跡です。
私はオカンが死ぬことしか考えてませんでしたからね・・・
病は気からって言いますが、オカンの「生きる」って気持ちは大事だと思います。

オカン 「ほら見てみぃ、大丈夫やってゆうたやろ」

私 「・・・・・・」

返す言葉も見つかりませんでした・・・

オカン 「みんな心配してくれてありがとうね」

私 「まだ癌がなくなったわけとちゃうねんから、安心すんのは早いで」

オカン 「でも、まだまだ生きられる自信はあんねん」

私 「俺もオカンは当分死なんと思うわ・・・」

オカン 「もう大丈夫やからそんなに心配してくれんでいいで」


余命3ヶ月と宣告されて6ヶ月、死ぬどころか元気になっていくオカンです。
これからも色んな武勇伝を作っていってくれるでしょう。


今後もオカンは癌と戦っていきます。
いつ容態が急変するかもわかりませんが、その度にオカンはこう言うと思います。




「大丈夫やって」









続きを読む >>
| toshi9779 | オカン | comments(11) | trackbacks(2) |
オカン(霊芝)

色んなサイトなどで調べると末期癌と診断されても、
奇跡的に癌が無くなったと言うケースもありました。
もしくは、進行が止まったなど民間療法でも可能性は0ではないと思いました。
正直100%は信用出来ませんでしたが、
何もしないよりは試した方がいいのではと思い、
オカンに相談してみました。

私 「丸山ワクチンってのがあるんやけど試してみたらどうやろ?」

私 「1回目は東京まで行かなあかんみたいやけど、後は自分で投与できるみたいやで」

オカン 「私と同じ病室やった人もそれ使ってはってな、効き目なくて亡くなりはったわ」

私 「でも、オカンには効くかもしれんやん」

オカン 「薬はええわ。そんなんせんかて大丈夫やって」

私や姉があれやこれやと色んなことを薦めるので、
かなりウザがってました。
オカンはどんな治療もする気がないと言うのです。

これには私も困ってしまいました。
いくら説得しても言うことを聞いてきれませんでした。

もう好きにしたらええわ・・・・
私も疲れてしまいオカンがええって言うのならいいかとも思い始めてたその時でした。


嫁 「お母さん、今日からこれを毎日飲んで下さい」

オカン 「・・・・・○○ちゃん、薬は勘弁してくれへんかな」

嫁 「ダメです。いい加減わがままを言うのはやめて下さい」

かなり強い口調でオカンに物申してました。

嫁 「この薬は色んな人に聞いたり調べたりして選んだ物です。是非試して下さい。」

その薬は「霊芝(レイシ)」と言いまして漢方薬の一種でした。

「霊芝の効果は免疫力の調整作用。免疫力が下がっている場合には強化し、過剰な場合には緩和します(ガンを始め多くの疾病は免疫力の以上から発生します)。」

嫁曰く、海外から取り寄せた物らしいです。
さすがのオカンも嫁には逆らえず、渋々服用することになりました。

実はオカンも霊芝のことは知っていたらしいのですが、
物によってはかなり高価代物らしいです。
多少値段が気になって聞いてみたのですが教えてくれませんでした。

嫁 「2ヵ月後の検査で効果がなければもう飲まなくてもいいんで、それまでは必ず飲んで下さいね」

オカン 「・・・・・はい」

それから2ヶ月、大した体調の変化も見られませんでした。
再発して2ヶ月後の検査の日がやってきました。
検査と言っても血液検査だけです。
これで腫瘍マーカーの数値を見るだけのことです。
詳しく調べるにはCTやPETで検査しますが、
オカンの場合はもう再発が確認されてるんで、そこまでの検査は必要ありませんでした。

そして検査結果がでました。
その内容に私は驚きを隠せませんでした。

| toshi9779 | オカン | comments(3) | trackbacks(0) |
オカン(覚悟)
オカンに告知したのがいいのか悪いのか今でもわかりません。

オトンの時は告知しなかったんです。
恐らく自分ではわかってたと思うのですが、
こちらが隠してる以上、本人も気を使って知らないフリをするんです。
そんな姿を見てると告知したほうが本人の為かと思いました。
自分で自分の死期を知ったときどう思うんでしょ・・・
私にはまだ想像することが出来ません。


しばらくの沈黙の後、オカンが口を開きました。

オカン 「私の知ってる人でな、末期がんで余命3ヶ月って宣告されて何年も生きた人おんねん」

オカン 「それにな、ほんまやったら2年前に亡くなってたかもしれん命やし覚悟はできてるわ」

私 「・・・・・・・・そうやな。」

オカンよりも私の方が動揺を隠せませんでした。


その後オカンと主治医の元を訪れ、オカンにも説明してもらいました。

もっと落ち込むかと思ってたんですが、
そこには凛とした姿のオカンが居ました。

私は医師の説明を聞いて諦めてばかりいましたが、
オカンだけは生きることをこれっぽちも諦めてませんでした。

私 「先生、他に何か方法はないんですか?」

主治医 「私共でできる治療としましては、抗がん剤治療しかありませんね」

私 「でも抗がん剤は効き目がないんでしょ?」

主治医 「まったくないとは言いきれません、抗がん剤は個人差もありますし」

何か奥歯に物が挟まった言い方でした。
つまり病院では治療することは出来ないってのが私の見解でした。

私 「それでは抗がん剤治療もせず、母の癌が進行して自宅では介護出来なくなったときは場合はこちらで面倒みてもらえるんですか?」

実はオトンの時は転移してもう手の施しようがなくなったとき、
違う病院に回されたのです。
治る見込みのない患者は面倒みれないかのように・・・

主治医 「抗がん剤治療をしないのであれば、こちらの病院でなくてもどこかお近くの病院で診て頂いた方がよろしいかと思います」

この瞬間、この医師にも失望しました。
全ての医師や病院がそうだとは思いませんが、
少なくとも私の身内が携わったところはみんな同じ扱いでした。

この病院では抗がん剤治療すれば恐らく最後まで面倒見てくれるでしょうが、
私はどうせ残り少ない命なら副作用で苦しむよりも、
今ならまだ動けるんで、やりたいことも多少できるのではないかと思ってました。


オカン 「先生、私は抗がん剤治療をするつもりはありません」

オカン 「癌が進行してるとおっしゃいますが、私はどこも痛くありませんから治療する必要はありません」

オカンのこの言葉に医師もちょっと戸惑ってました。

主治医 「それでは2ヶ月後もう一度検査しましょう」

年を越せないかもしれないと言いながら、2ヶ月後に検査って・・・
何か医者の言ってる事も信憑性を感じられませんでしたね。

こうして病院を後にした私達は何を話すでもなく時間だけが過ぎて行きました。
オカンを送り届け、別れようと思ったその時でした。

オカン 「トシ、オカンは大丈夫やから心配せんでええで」

私 「この状況で心配するなって方が無理やろ・・・」

オカン 「ほんま大丈夫やって、何かあったら連絡するからもうええで」

またしても勇気付けなければいけないこちらの方が気を使われる始末・・・

こんなことではアカン!
治すことは出来ないまでもちょっとでも進行を止める方法はないか。
同じような境遇で悩んでる人は沢山いると思うので、
ネットで色々調べることにしました。

検索するとかなり数がHITしました。
中には末期がんと診断されて、それでも何もせず進行も止まってる方もいました。
そして、抗がん剤でなくても漢方薬などで効果があった方もいました。
癌で苦しんでる方達のブログなども拝見させて頂きました。
色んな治療法や薬などとても詳しく書かれてました。

この時思ったんです。

オカンもまだいけるかもしれん!

| toshi9779 | オカン | comments(0) | trackbacks(0) |
オカン(再発)
主治医 「PET結果なのですが・・・・」

主治医 「リンパ節に癌が再発してます」

私 「・・・・・・・・そうですか」

私 「今後どのような治療をすればいいんですか?」

主治医 「まことに申し上げにくいのですが、お母様の場合手術はもう不可能です」

私 「それじゃ抗がん剤治療になるのでしょうか?」

主治医 「抗がん剤も食道癌にはあまり効果がないかもしれません」

私 「それじゃどうすればいいんですか!?」

主治医 「手の施しようがありません・・・・」

私 「それじゃ何もせず死ねってことですか!?」

主治医 「それでは抗がん剤治療しますか?」

私 「はぁ?お前いま効き目ないってゆうたんちゃうんか!」

やり場の無さについ医師に当たってしまいました;;

オカンが死ぬ・・・・

もう自分でどうしていいのかわかりませんでした。

私 「つい興奮して失礼しました;;」

私 「母は後どのくらい生きられますか?」

主治医 「年は越せないかもしれません」

目の前が真っ暗になりました。
今はまだ元気やのに・・・・

これが昨年8月の話です。
「余命3ヶ月」と宣告されたのがこの時でした。

主治医 「お母様に告知しますか?」

どうしようかかなり悩みました。
恐らく隠し通せないだろうと思い。

私 「私から母に説明します。その後先生から母に説明してもらえないでしょうか」

主治医 「わかりました。そのように致します」

主治医 「○○さん。力不足で申し訳ありません。」

オカンに何て言おう・・・・
そのまま言うしかないよな・・・・
それを聞いたときオカンはどう思うやろ。
重い足取りでオカンの元に行きました。



私 「オカン、ハッキリ言うわな」

私 「リンパ説に癌できてるって・・・・」

一瞬オカンの顔色が変わりました。

オカン 「やっぱそうかぁ、たぶんそうやろうと思ってたわ」

オカン 「大丈夫やって、癌なんか克服するわ」

オカンが私に気を使ってるのが痛いほどわかりました。
しかしまだオカンに言わなければいけない一言が残ってます。


私 「それがなオカン、もう手の施しようがないねん・・・」

私 「手術もでけへんし、抗がん剤も効かへんねん」

私 「年越すのも厳しいかもって・・・・」


もうオカンの顔を見れませんでした。








| toshi9779 | オカン | comments(2) | trackbacks(0) |
オカン(定期検診)
 退院後は2週間に1回定期検査を行ってました。
それも段々間隔が空いて行き月に1回、1年後には3ヶ月に1回になりました。
この時はもう大丈夫じゃないかと安心してました。
しかし3年目を迎える辺りから癌マーカーの数値が徐々に上がっていったのです。
癌マーカーの数値が多少上がったからと言って癌に侵されてるってわけでもありません。
ただ一定の数値を超えると可能性は高くなるみたいです。
上がりだした当初は許容範囲だったのですが、
日を追うごとに数値は上がっていきました。

私 「1回ちゃんと検査してもらいや」

オカン 「大丈夫やって、どこも痛くないもん」

私 「痛くなってからじゃ遅いから言うてんねん」

私 「先生は何て言うてんの?」

オカン 「ちょっと数値が上がりすぎてるから検査しよって言うてはるわ」

私 「それいつするんよ?」

オカン 「次の検査やから3ヵ月後かな」

私 「何でもっとはよしてもらわへんねんな!」

私 「もしも再発とかしてたらちょっとでも早く対処しなあかんやんか」

私は病院に電話して主治医に確認したところ、
どうもオカンが検査を嫌がってたみたいなんです。
もし再発とかしてたら怖かったのかもしれません。
それでもこのまま見過ごすわけにはいきませんので、
早急に検査してもらうよう頼みました。


CTで検査しても再発は見られませんでした。
しかし癌マーカーの数値は上がる一方です。

私 「先生、なぜこんなに数値が上がるんですか?」

主治医 「私も再発してるものと思ってました。」

主治医 「CTでは確認できませんのでPETで検査してみましょう」

私にはよくわかりませんでしたが、PETとはかなり優れた機械らしいです。

後日、PETでの検査が行われました。

そして主治医から告げられた言葉は、
またしても私達を絶望へと叩き落したのです。



| toshi9779 | オカン | comments(2) | trackbacks(0) |
オカン(ブログ)
 オカンが次に興味を示したのはパソコンでした。

オカン 「トシ、パソコンの使い方教えてくれへんかな?」

私 「今度はパソコンでっか!俺余ってるのあるから持ってきたるわw」

何度も書きますがこの時オカンは63歳です!
自分のブログを作って描いた絵を載せたいとのことでした。

早速パソコンを持って行き、ネットもできるようにしました。
基本的な操作だけ教え、後は本を渡しておきました。

私 「これでネット見るぐらいはできるわ」

私 「たぶんオカンにブログ作ったりするは無理やでw」

オカン 「そんなことないわ。後はボチボチ自分でやってみるわ」

この時、私もオカンのことを甘く見てました・・・

一月もするとデジカメにプリンターまでありました・・・・

そして何とブログも完成してるじゃありませんかw
前回載せた絵も実はオカンのブログから拝借してきたものなんです。
完成度から言うと、私のブログなんかより遥かに出来栄えがいい・・・
オカンは私がブログを書いてるのも知りませんし、
私がオカンのブログを知ってるのも知らないと思います。
ブログって身内に見られるのは嫌ですよねw

オカンのブログには自分が癌に侵されてることも書いてありました。
勿論、自分の気持ちなども赤裸々に書かれてました。
私達に言えなかったことや不安だった日々のことですね。

その中でも驚いたことは、顔文字つかってること・・・
あれには参りました;;
まさかオカンが顔文字使って記事書いてるとは・・・
それとリンクする仲間も増えてること。
絵や病気の記事が書かれてるんで、
コメント頂いてるうちにリンクする仲になった模様w

1年ぐらいは私のあげたパソコン使ってたのですが、
いつの間にか自分でノート買ってましたw
買い物などもネットで購入したり、オークションにまで出品してます。
そのうちネットゲームとかしたらどうしよう・・・・
オカンならありえるかもしれません!



オカンの武勇伝はこんなもんですかね。
今までやったことないことにも果敢に挑戦してます。
私としてはオカンがやりたいことは何でも手助けしようと思ってます。
この先いつまでできるかわかりません。
できるうちに色んなことさせてやりたいですね。


| toshi9779 | オカン | comments(4) | trackbacks(0) |
オカン(GALLERY)
 今回はオカンの作品を数点アップさせて頂きます。





こちらは水彩画です。
結構大き目のサイズです。











こちらはハガキに絵を描いたものです。
フリマではこれがほぼ完売でした。




切り絵




切り絵です。
虎の方は私の家に飾ってあるものです。









木の葉で作った絵です。
これは期間限定かもしれませんねw
1年後このまま残ってるのでしょうか・・・・







水墨画です。
オカンは字も達筆なんでそれで筆を使うのがうまいのかな?
恐らく模写でしょうがうまいと思いました。







これは焼き絵と言いまして、
木に焼きコテで焦がしながら絵を描くんです。
焦がし具合で色の強弱をつけます。
こちらも馬の絵は私の家に飾ってあるものです。




染物です。
手書きで描いたものを染めたらしいです。
普段から自分で着てるみたいですw




これは松ぼっくりで作った作品です。
なかなか良く出来た作品だと思いますw






最後になりますが、これは洗濯バサミです。
今時こんな木の洗濯バサミありませんよね・・・・w
なかなかユニークなんで載せてみました。


他にもまだまだ作品はあるのですが、
載せきれないのでこのへんにしときます。

もう数回フリマに出させて頂いてますが、
なかなか盛況ですw
顔なじみの方もでき、いつも買ってくださる方もいます。
自分を評価してもらえるってうれしいことですよねw

そして何とですね、近所にある画廊にオカンの作品が展示されることになりました。
オカンすげぇぇぇぇ!
オカン画伯の今後に期待です!




| toshi9779 | オカン | comments(6) | trackbacks(1) |
オカン(画伯)
 オカンは10年前から趣味で絵や彫刻を始めました。
手先が結構器用で私が見てもうまいもんでした。
実際、私の家にもオカンの作品を飾ってます。

入院中も病院でずっと絵を描いて、他の患者や看護士さんにあげてました。
退院してからも毎日のように絵を描いてまして、
市のコンクールにも応募し見事ポスターとかになりました。

何か趣味を持つことは良いことなんで、
私はよくオカンに書いてほしい絵をリクエストしたりしてました。
おかげで部屋は絵や彫刻だらけ、
そこで私は思いつきました。

私 「オカン、この作品いろんな人に見てもらって売ろうやw」

オカン 「こんな素人の絵なんか売れへんわ」

私 「高くで売ろうと思うからあかんねん」

私 「そや!フリマで売ってみよw」

私 「うちの近所で月に1回やってんねん」

私 「小さい絵は100円均一で大きい絵は1000円均一で売ってみよやw」

オカン 「絶対売れへんって、それに100円なんかで売ったら損やん」

私 「まさか儲けようと思ってるんちゃうやろな!オカンの絵を買った人は飾ってくれんねんで」

私 「銭金の問題じゃなくて何かやってみようや」

あまり家から出ることがないんで、たまには刺激があったほうが良いかと思いましてねw
オカンは売りたくなさそうでしたけど、狭い家なんで邪魔なんですよ・・・

2週間後フリマがあるんでオカンに100点ほど選ばしました。
私も売れるかどうか楽しみでちょっとワクワクしてましたw

ここのフリマは結構人が多いんで立ち止まって見てくれる人も結構いました。
値段もかなり安いんで小さい絵はほぼ完売しましたw
小さい絵ってのはハガキとかに描いてるのが多かったので、
100円はかなり安かったかと後悔しました・・・
大きい絵も何点か売れ、15000円ほど売り上げたと思います。

最初は嫌がってたオカンも売れたのがやはりうれしかったみたいで、

オカン 「また描いてフリマしよか♪」

かなり上機嫌でした^^
まぁ、ボケ防止には丁度いいかも知れませんねw

これのフリマの一件からオカンは目覚めたみたいで、
更なる行動に出たのです。


| toshi9779 | オカン | comments(3) | trackbacks(0) |
<new | top | old>