さぼり魔の日記

<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 生命 4話 | main | 生命 6話 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
生命 5話
7月16日

早速検査を行いました。

昼の時点で検査結果が出ました。

病名はギランバレー症候群で間違いありませんでした。

病名がわかったことで、やっと受け入れてもらえる病院を探してもらえました。

救急車に揺られること1時間、かなり大手の病院に搬送されました。

到着すると慌ただしくICUに運ばれ、10人近い看護士達に囲まれ、身体中に色んな器材が取り付けられました。

やっと治療できる病院にたどり着いたのですが、ここに来るまで2週間、私の病状はかなり悪く、呼吸も困難で肺炎を併発していたらしく、危険な状態だったみたいです。


その夜、私の周りを慌ただしく動き回る医師や看護士を見ながら、私は呼吸することが出来ず、意識が薄れていきました。


「俺、死ぬんやな…」

| toshi9779 | - | comments(3) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
pipi (2011/09/27 12:13 AM)
大変そうだねぇ・・
今は大丈夫なのかな??
まぁトシさんなら間違いなく大ジョブだろぉぉぉ
ゆっきー (2011/09/27 12:41 PM)
トシさん初めまして
昔から知ってます

トシさんも心配だけどオカンはどうしましたか?
トシ (2011/09/29 8:11 PM)
>ピピ

手足が痺れてメッチャ痛いぞ!

だいぶマシなってかたけどなw


>ゆっきーさん

オカンはまだ生きてますって表現になってしまいます…

もう、手のほどこしようがないんで年は越せないかも知れません。









url: http://toshikazu.jugem.jp/trackback/482