さぼり魔の日記

<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 生命 5話 | main | 生命 7話 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
生命 6話
7月22日

意識が戻ったのは6日後でした。

目覚めた瞬間、一瞬それまでの記憶がなく、ここはどこで自分に何があったかもわからず、傍に居た医師に聞きました。
「何があったんですか?」

医師の説明によると、搬送された夜に呼吸困難になり人工呼吸器を装着しました。肺炎も併発して一時は危険な状態だったとのことでした。
説明をうけると徐々に記憶が蘇ってきました。

「思い出した!俺、生きてるやん!」

しかし、待てよ…

体が一切動きませんでした。

一命をとりとめたはいいけど、身体中に管を繋がれ身動きできない自分に

「これからどうなるんや俺…」

| toshi9779 | - | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
ゆっきー (2011/10/01 7:40 AM)
としさんファイトですよ!今を大事にしてくださいね
うちの母もオカンのように末期がんでとしさんのブログで はげまされました。 でも お盆 近くに亡くなりましたけどね。

としさん早く良くなって親孝行してください。

としさんファイト!
トシ (2011/10/07 5:51 PM)
>ゆっきーさん

オカンの記事で多少なりとも癒せたなら、オカンも喜ぶかなw
オカンの為にも早く退院しなアカンわ(T_T)









url: http://toshikazu.jugem.jp/trackback/483